忍者ブログ
2017 / 11
≪ 2017 / 10 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 2017 / 12 ≫

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「ねぇねぇ」
「何?」
「僕が思うにそろそろ僕は仕事をしないといけないと思うんだよね」
「ふぅん」

「君が死神だなんて、一体誰が決めたの?」

「君は確かに僕の中では死神だけど、君は本当に死神なのかな?」
「……どういうこと?」

「実はね。僕は狂ってるのかもしれないんだ」
「へー。どうして?」

「この部屋を見てごらんよ。家具も壁も床も全部、白く塗りつぶされていて、窓は一つもない」
「うん。そうだね」
「こういう部屋にはどんな人がいるのか分かる?」
 真っ黒な少年は少し考え込んでから、ぽんと手を叩き、答えました。
「『お前みたいなイカレた野郎は窓のない部屋にでも一生押し込められてりゃいいんだ!』って君が読んでた本にあったね!」
「そう。ここは精神病院で、僕は頭のおかしい患者なのかもしれない。だとすると、時折そこの扉から来る人達にも説明がつく」
「お医者さんなんだね!!」
「そういうこと」
「だから、君は僕の妄想なのかもしれない」
「でもそれにも証拠はない」
「もしかしたら君は本当に死神なのかもしれないし、僕が生み出した単なる幻なのかもしれない」
「僕が今ここに存在するということさえも、僕に対して証明することは誰にもできないんだよ」
「でも今、君はここにいるよ?」
「君がそうやって僕の存在を肯定しているということも、僕が見て聞いているからこそ僕は知りえているんだ」
「つまり、僕は僕の頭を一度通して、君と君の意見を見ているってことさ」
「ほら、考えてもみてよ。もし僕の感覚が全部無いとすると、目の前にいる君を僕はどうやって認識すればいいの?」
「そんなの簡単だよ。だって、目の前に僕はいるじゃん!!」
「だから、その目が使えなかったらってことだよ」
「僕が得ることのできる情報は、一度僕の頭を通しているんだ。そして、僕の頭の中で情報が捻じ曲げられていないとも限らない」
「どうして?」
「言っただろ? 僕は狂ってるのかもしれないって」
「ほら、君は君が死神だってことはおろか、君が僕の前にいることだって証明はできないんだ」
「僕は僕でここにいるよ? 君に生み出されたわけじゃないよ?」
「それどころか僕自身が君に生み出された幻なのかもしれないのに?」
「僕が君の目の前にいるってことを、君はどうやって君自身に証明するのさ?」
「本当は君一人しかいないかもしれないのに?」
「君が死神であることなんて、君が僕を“かみさま”と呼ぶぐらいの事実でしかないんだ」
「じゃあ、やっぱり君は“かみさま”なんだね!!」
「……どうして?」
「だって、僕は死神で、君は“かみさま”だって信じてるからね!!」
「そうだね。君がそう思うのなら、少なくとも君の世界では僕は“かみさま”だ」
「だよね!!」

「あれ? それで結局、僕は死神でいいの? 違うの?」
「僕の世界では君は“死神”だよ。……少なくともね」
「分かんないよー」
「……でも、それで十分なんだよ」
「え? どうして?」

「だってこの部屋には僕達しかいないんだから」
PR


▼捕まったのは誰?

らんらららららんらん~。
らんらららららんらん~。
らんららららら~らタ~ナトス。


……ごほん。
どうも、こんにゃにゃちわ。
どうにもこうにもコトの言動がイラッと来たので、
Act.15を一回ボツってみました香音です。


この度某ナマケモノから
「お前のサイト、ケータイから見にくいんだよ!!」


とか言われたので、仕方なくケータイ用サイトを作ってみました。

まったく……。
こっちも暇じゃないんだぞ。

ケータイ用

うらら~うらら~うらうらら~。
どうでもいいけど、「う」と「ら」って見た目似てるよ~。
目がちかちかするよ~~。


………げふん。

ごめんなさい香音今ちょっと暑さにやられていたみたいです。
教室でクーラーの風が当たりまくる寒い席を、すすんで選んだモヤシっ子でごめんなさい。
どうせ授業中寝てるのに前から二番目選んでゴメンナサイ。
でもこの頃ガンバッテルンダヨ?(黙れ

あーはい。言いたいのはそんなことじゃないです。
今日帰ってきた体力テストの精神面のところが、自信と意欲だけ強くて協調性がほとんど無かったことでもないです。
あれはちょっとショックだったけども。でもそういうことでもないです。
明日終業式で、明日までに頼まれてた文化祭の弁論大会の原稿上げなきゃいけないなって思ってることでもないです。
正直私に書かせるとか人選ミスだし!!とか思ってないです。
ついでに言うなら、なんで終業式終わった2日後から普通に補習が始まるんだよバカヤローとも思ってませんし、なんで補習なのに予習があるんだよーとも、宿題の量半端ねーとも思ってません本当です(嘘




うん。まぁあれですよ。
昨日、ちょっと魔が差して『罪人』を最初から読み直してたんですよ。
うわー。文法メチャクチャー。書き直したいー。
とか思いながら、読んでたんです。
それで、がーっと読み終わった後にふと思ったんですけど、


「あれ?案外面白くね??このままでも全然いけるんじゃね?」←←


まぁ、ツッコミどころが多い発言ですが。
自分で書いたもの面白いとか言うってどんだけ神経図太いんだよって話ですが。
でも、そう思ったんです。
で、気付いたんです。
此処に小説を読みにきている方々は、
文法を読みにきているんじゃなくて

物語を読みに来てるんだって。


多分言い訳なんだと思うんですが、とりあえず香音は方針転換しました。
これからは


とりあえず完結優先!!


文法は二の次三の次!!

の精神で行こうと思います。

まずは、無駄にぶっ立てまくったフラグの回収に回ります。
ディアナ幼児化の謎やら、リンと社長の因縁やら、アルバの安否やら、『カラスさん』や『エス』や『ルナ』の正体やら、名無し発言の真意やら、フリストの目的やら、オーディンとカラスの関係やら、ディアナが狙われ続ける理由やら、イオやら、フレイヤやら、ワルキューレやら……、とりあえず回収します。頑張ります。

片羽蝶という不完全な存在について。
その比喩するものとは何か。
個性? 人格? あるいは人そのもの。
不完全だからこそ協力し、補完しあう。
そして、その結果が完全でなくてもいいのだと思う。
肝心なのは協力する事だから。
それはただの利害関係ではない。
他者を認め、他者に認められた上で『協力』はありえる。
相手を信じていなければ、力を合わせる事なんてできないから。
だからまずは相手を認め、信じなければならない。
スミ(アッシュ)に足りていないのはそれなのかも。
まぁ自分を信じる事も出来なかったら、他者を信じるもへったくれもねぇんだけども。
だからまぁあれだよ。
まずスミが『相手を認め、信じなきゃならない』ってことに気付いて、
それからソラ(レイン)を信じて、その手を取る~って流れにしないといけないわけ。ラストは。

…何を言いたいのか、さっぱりわかんねぇよ自分。

おはこんばんわ。
案の定台本の出来ていない香音です。
本日は片羽蝶の世界観について改めて固めてみようと思います。


片羽蝶の世界。
森の中でひっそりと暮らしている片羽蝶たちの物語であるが、
彼らがどうやって生活しているのかなどの描写は無い。
この物語の筋から外れることなので、描写が無くてもなんらおかしい事は無いが、それでもかなり曖昧な所がある。
蝶たちが主役、ということで蝶たちは擬人化しているわけなのだが、
根本的な設定は単なる蝶であり、妖精の類ではない。
初さんは何か設定をいじってもいいと仰っていたけど、
できるだけ香音はできるだけ原作の世界観を大事にしたい。
まぁ下手にいじって矛盾を出すのが怖いってのもあるんだけどもね。
そうなるとやっぱり、中途半端に擬人化した彼らを使うしかない。
でも中途半端だと、はっきり言って使いにくい(殴
どこまでが人でどこまでが虫なのか分からないからだ。

……眠くなってきた。
続きはまた後で。

<追記>

あ。そうそう。
ようやく台本版の主人公とヒロインの名前が決定しましたよ。
アッシュ⇒スミ
レイン⇒ソラ
になります。多分。

↓↓そして色々と頑張った末の現在進行形。
http://academic.meganebu.com/~ipocriti/text/kataha.htm

自分の文才の無さに泣けてくるわ…。

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30